合同葬

社葬トップ > 合同葬

功績を残した方へのセレモニー

故人が勤めていた企業・団体・機関と、ご遺族が共同で行う葬儀のことを「合同葬」と呼びます。
合同葬は密葬・本葬を分けずに行うため、故人が亡くなられてからお葬儀までの時間は限られており、短い時間の中で、ご遺族と話し合い、関連企業への連絡、葬儀日程の告知などすべてを行い、さらには会社の意見を反映する調整が必要となります。
また、ご遺族の意思・宗旨を反映した葬儀となるため、会社としてご遺族に細心のご注意を払う必要があります。
さらに、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀なども合同葬と呼ばれ、密葬後に行う場合もございます。

合同葬の流れ

  1. 1

    事前準備
  2. 2

    ご逝去直後の対応
  3. 3

    社葬の準備とリハーサル
  4. 4

    社葬当日
  5. 5

    社葬終了後
  6. 6

    社葬終了後

社葬に関する費用について

社葬費用は規模、式場、種類(形態)により総額は大きく異なるため、あらかじめ費用を把握しながらどのような社葬を執り行うか方針を決めることが重要となります。また、費用については税法上の取扱いについて注意が必要です。
セレモアでは豊富な経験と知識をもった社葬プロデューサーが、貴社のご要望に合わせて最適なプラン、お見積りをご提案いたします。

社葬の費用について

合同葬の事例紹介

外観
参列者 1,500
総額費用 2,000万円
式場 青山葬儀所
(東京都港区)
外観
参列者 700
総額費用 1,000万円
式場 護国寺 桂昌殿
(東京都文京区)
外観
参列者 300
総額費用 500万円
式場 セレモア立川会館
白峯殿

(東京都立川市)

事例一覧を見る

社葬セミナー 開催情報はこちら
社葬セミナー 開催情報はこちら

豊富な経験を持った専門スタッフが貴社のご相談を承ります。詳しくはこちら

  • TV番組提供「ぶらり途中下車の旅」
    TV番組提供「ぶらり途中下車の旅」
  • 経済産業省認定おもてなし規格認証2016
    経済産業省認定おもてなし規格認証2016
  • ISO9001
  • JECIA
  • お急ぎの方はこちらから
  • 0120-470-470
  • お問い合わせ
  • 社葬セミナー情報