宗教別弔問のマナー

 >   >   > 宗教別弔問のマナー

仏式の作法(焼香)

仏式の作法(焼香)

  1. 1.祭壇の少し手前で僧侶とご遺族に一礼します。
  2. 2.霊前に軽く頭を下げます。
  3. 3.両手に数珠をかけ、祭壇の前で一礼します。
  4. 4.抹香を親指、人差指、中指で摘み、軽くおしいただいて、静かに香炉に入れます。
  5. 5.焼香が終わったら、両手に数珠をかけて合掌し、一礼します。
    ※宗派により、作法や焼香回数など異なる場合があります。
  6. 6.最後に前向きのまま下がって僧侶とご遺族に一礼します。

神式の作法(玉串奉天)

神式の作法(玉串奉天)

玉串は根元の方を右手、枝先の方を左手で受取り、右に回し根元を祭壇に向けて置きます。このあと二礼二拍手一礼しますが、拍手はしのび手といって音を立てないようにします。

キリスト教の作法(献花)

キリスト教の作法(献花)

牧師・神父・ご遺族に一礼して花の根元を左手、花を右手で受け取り、90度右に回して花が手前に向くようにして献花台の上に置きます。 手を合わせて頭を下げて黙礼します。

<社葬アドバイス>

供花を送る場合のポイント?

先方の社名などに誤字などの間違いがあっては、信用をなくしかねません。原稿を明確に書き、FAXで注文すると間違いが避けられます。(株)などの略式は失礼にあたるので注意しましょう。供花を贈る場合、主催者側に依頼する方法が先方への心遣いでしょう。主催者側は供花の種類、札の大きさが揃い、供花の数の予測がつきます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社葬セミナー 開催情報はこちら
社葬セミナー 開催情報はこちら

豊富な経験を持った専門スタッフが貴社のご相談を承ります。詳しくはこちら

  • TV番組提供「ぶらり途中下車の旅」
    TV番組提供「ぶらり途中下車の旅」
  • 経済産業省認定おもてなし規格認証2016
    経済産業省認定おもてなし規格認証2016
  • ISO9001
  • JECIA
  • お急ぎの方はこちらから
  • 0120-470-470
  • お問い合わせ
  • 社葬セミナー情報