社葬の種類

社葬トップ > 社葬の種類

社葬の種類(形態)には大きく分けて、「社葬」「お別れの会」「合同葬」があります。
社葬は必ずしも大規模なものとは限りません。運営の主体と費用の負担が会社なのか、遺族なのかにより決まります。

社葬

運営主体

会社

費用負担

会社

儀式に重きをおいて、厳粛な雰囲気のなか行う葬儀・告別式です。逝去から40日前後で行います。

詳細はこちら

合同葬

運営主体

ご家族と会社

費用負担

ご家族と会社

ご家族と会社が行う葬儀です。逝去から荼毘にふすまでを、一回の葬儀で行います。逝去から5日~1週間前後で行います。

詳細はこちら

お別れの会

運営主体

会社

費用負担

会社

主に無宗教式で、おもてなしの会食を中心とした形式など、故人や会社の意向を尊重した自由な形式で行うことができます。逝去から40日前後で行います。

詳細はこちら

 

会場選定

社葬、お別れの会、合同葬の種類と宗教形式により、会場を選定します。
セレモアでは、すべての種類、形式に合わせた会場選びのお手伝いをいたします。

複数の団体・会社が運営主体となる葬儀も、「合同葬」と呼ばれます。ここでは、ご家族と会社で行う合同葬を説明いたします。

会場の種類

葬儀専用式場(セレモニーホール)

葬儀専用式場

葬儀専用式場のため、多数の会葬者をお迎えする動線が取りやすく、厳粛な儀式を執り行うのにふさわしい会場です。

会場例

青山葬儀所、セレモア立川会館白峯殿など

詳細はこちら

寺院式場

寺院式場

伝統と歴史のある寺院式場では宗教儀礼を重んじた厳粛な葬儀を執り行うことができます。

会場例

増上寺、築地本願寺、護国寺、寛永寺など

詳細はこちら

ホテル

ホテル

交通アクセスが良く、会葬者にとっても利便性の高い会場です。受付等も室内に設けることができるので天候に左右されません。

会場例

帝国ホテル、ホテルニューオータニ、ホテルオークラなど

詳細はこちら

その他の会場

その他の会場

さまざまな催し・イベントを行うホールや多目的施設、企業・団体で保有する施設でも執り行うことができます。

会場例

日本武道館、国際フォーラム、各種イベントホールなど

詳細はこちら


社葬セミナー 開催情報はこちら

社葬セミナー 開催情報はこちら

豊富な経験を持った専門スタッフが貴社のご相談を承ります。詳しくはこちら

  • TV番組提供「ぶらり途中下車の旅」
    TV番組提供「ぶらり途中下車の旅」
  • 経済産業省認定おもてなし規格認証2016
    経済産業省認定おもてなし規格認証2016
  • ISO9001
  • JECIA
  • お急ぎの方はこちらから
  • 0120-470-470
  • お問い合わせ
  • 社葬セミナー情報