ハンバーガーメニュー
  1. 社葬・お別れの会・合同葬ならセレモア
  2. はじめての方へ
はじめての方へはじめての方へ

はじめての方へ

社葬の成功に向けて
社葬は、故人を追悼しその功績を讃え、明日へとつなぐ重要な儀式であり、その成功は会社の信用性を高めることにつながります。故人を偲び、その功績を讃え、弔意を表す厳かな儀式であるとともに、会社の新体制や方針を示す重要な場でもあります。
社葬を成功させるために何が必要なのか、いざというときに知っておくべきこと、備えておくべきことを、ご紹介します。

社葬を行う
意義と目的

社葬を行う意義と目的
経営者の逝去は企業にとって重大なリスクであり事前の入念な準備が求められます。
創業者や重要な方の社葬は企業にとって社会的評価に関わります。

社葬を成功に収めることで企業の新体制と結束力を関係者に示し信頼性を高めます。
社葬は関係各所に安心感を与え良好な関係を継続する大きな機会となります。
生前の功績を
  明日へとつなぐ
社葬を行う意義と目的
経営者の逝去は企業にとって重大なリスクであり事前の入念な準備が求められます。
創業者や重要な方の社葬は企業にとって社会的評価に関わります。

社葬を成功に収めることで企業の新体制と結束力を関係者に示し信頼性を高めます。
社葬は関係各所に安心感を与え良好な関係を継続する大きな機会となります。
生前の功績を
  明日へとつなぐ
  • 1. 故人の追悼

    故人の追悼
    会社の発展に貢献した故人を偲び、その功績を讃え、感謝とともに弔意を表す厳かな儀式。
  • 2. 社外への広報

    社外への広報
    お客様やお取引先などの関係者に会社の新体制・方針を示すことで、信頼関係を継続できる。
  • 3. 社内の結束を高める

    社内の結束を高める
    社葬を一致協力して行うことで、社員の結束、一体感を高める重要な機会となる。

社葬・お別れの会・
合同葬の流れ

1

密葬・お別れの会の事前準備

万一の時に備え、総務・人事・秘書のご担当者は、事前にさまざまなことを準備する必要があります。内密に準備を進めるケースや、ご家族を交えて相談する場合もあります。事前に準備をしておくことで、会社の方針が尊重されたお別れの会を行うことができます。

詳しくはこちら
密葬・お別れの会の事前準備

2

ご逝去後の対応

ご逝去の報は突然訪れます。ご安置先の選定や枕花の手配などの準備が必要です。総務・人事・秘書のご担当者はご家族のお気持ちに寄り添い、できる限りサポートいたします。

詳しくはこちら
ご逝去後の対応

3

密葬

密葬とは、お別れの会の前にご遺族が主体となり近親者や個人的な関係者で執り行われる葬儀のことをいいます。密葬は今後のお別れの会へとつなぐ大切な儀式です。ご遺族、会社、葬儀社との綿密な打合せが必要となります。

詳しくはこちら
密葬

4

お別れの会の告知(社内・社外へのお知らせ)

社葬取扱規程に従いお別れの会の基本方針を決め、お別れの会の社内通達と社外通知をしていきます。

詳しくはこちら
臨時役員会

5

お別れの会の具体的準備

お別れの会を滞りなく実施するための指針となる、進行要領を決定しておきましょう。

詳しくはこちら
当日までの準備

6

お別れの会当日

事前に準備された進行要領に基づき、お別れの会当日にリハーサルを行い詳細を確認します。係員は各責任者の指示により準備を進め、タイムスケジュールに基づきお別れの会を進行します。

詳しくはこちら
お別れの会当日

7

お別れの会終了後の対応

お別れの会終了後、総務・人事・秘書のご担当者が行うことは、御礼のご挨拶から各種名簿の整理保管、記録整理、経理上の処理まで多岐にわたります。これらの事後処理を丁寧に行うことが、会社にとって重要です。

詳しくはこちら
お別れの会終了後の対応
社葬は会社にとって重要な
リスクマネジメントです。

総務人事秘書の実務担当者は
万が一に備え、事前に準備して
おくことが重要です。
社葬は会社にとって重要なリスクマネジメントです。総務・人事・秘書の実務担当者は万が一に備え、事前に準備しておくことが重要です。

社葬セミナー
のご案内

セミナー風景セミナー風景
社葬についての知識と備えは企業にとって重要あリスクマネジメントです

社葬セミナーでは、最近の社葬・お別れの会・合同葬の傾向についての事例を紹介しながら 事前準備の重要性を、具体的にご説明いたします。 総務・人事・秘書の担当者様の危機管理として、ぜひご参加ください。

社葬セミナー

安心の3つのポイント安心の3つのポイント

  1. 徹底した危機管理
  2. 経験と実績で
    的確なアドバイス
  3. 経済性と明確な費用
3つのポイント